イタチの捕獲

イタチは鳥獣保護法で保護されている動物です。一部の自治体では免許がなくても罠の設置は可能ですが、イタチは殺処分することはできません。遠くの河川に放すことが必要になります。

Read more


寄せ付けない対策

イタチを寄せ付けない対策として、食べ物を周辺に置かないことが大切です。生ごみも素早やく処理を行なうことが大切です。一度床下に住み着いてしまうと、なかなか離れることもないので、事前に対策を行なうことが大切です。

Read more


ねずみを駆除する

ねずみはどのような被害をもたらすのか

ねずみは警戒心が高く、夜行性の動物ですから、人間の住居に侵入した場合でも夜中に行動を始めるのが一般的です。また夜中であれば人間達も寝静まっていますので、ねずみはリビングやキッチンだけでなく、多様な部屋に出没できるのです。もしも私達がこうした「ねずみ」に噛まれてしまった場合、鼠咬症を発症する事がありますので気を付けましょう。鼠咬症を発症した場合、発熱や関節の腫れ、患部の痛みなどを引き起こします。場合によっては肝炎を引き起こす事もある危険な病なのです。そうした事態に陥らないためにも、ねずみ退治は早期に始める事が大切です。ねずみが自宅に巣を作っていない場合、最も大切なのは侵入経路の特定です。侵入経路さえ特定すれば、あとはそこを塞ぐだけで、ねずみ退治が完了です。

ねずみ退治において大切な事を確認する

ねずみの侵入経路を掴むためには、まず初めに家に侵入しているねずみの種類を把握する事が欠かせません。例えばねずみは、その種類によって好む場所が異なりますので、侵入経路も変わるものなのです。一般的にドブネズミは排水溝など湿気の多い場所を好みますが、クマネズミは乾燥した場所を好みます。特に後者はビルなどに出没する事が多いねずみです。こうした生態系の違いから侵入経路を割り出すようにしましょう。他にもねずみ退治を行なう上で近年人気のアイテムと言えば毒餌が存在していますが、毒餌を設置する場所を決める上でも種類の特定は欠かせません。毒餌は、できるだけねずみが「餌場」にしている場所に設置する必要があるのです。出没しているねずみの種類が分からない場合は、ねずみ退治業者を呼ぶようにしましょう。