イタチの捕獲

指輪の交換

実は法律で保護されているイタチ特にメスの捕獲は禁止

イタチ駆除と聞くと「イタチを捕獲して殺処分すること」と考える人も多いかも知れませんが、これは大変な間違いです。実はイタチは害獣ではありますが、鳥獣保護法という法律により保護されている動物でもあるのです。捕獲には有害鳥獣駆除の許可か狩猟免許が必要で勝手に捕獲するのは違法です。特にメスのイタチは捕獲することは出来ません。一部の自治体では狩猟期間内であれば、免許が無くてもワナ等を設置して捕獲出来ますが、その場合でも捕獲したイタチは殺処分することは出来ません。速やかに遠くの河川地、池沼周辺等に放免しなければなりません。 この様な面倒がありますから、イタチ駆除を個人でやるなら捕獲するよりも、いかに遠ざけるか、住み着かせないかに力点が置かれます。イタチの嫌う匂いがする忌避剤を撒いたり、イタチの住み処の天井裏や床下に強力なストロボ光を発する機器を設置したりしますが、なかなか完全駆除には至りません。費用がかかってもやはりイタチ駆除は専門の業者に依頼した方が安心です。

イタチ駆除を専門の業者に依頼するといくらかかるのか

イタチ駆除を業者に依頼した場合、料金はいくら位かかるのかは、実際の被害状況を見てみないとなかなか判断出来るものではありません。業者によってはサイト上で「15,800円より」などという低料金を提示して客引きしている所もありますが実際にはまずこんな金額では済みません。では本当はいくらかかるのか。あくまで一例ですが、イタチ駆除の場合基本料金(事前の調査費等を含む)が20,000円から25,000円、排泄物に汚染された部署の撤去に10,000円、撤去した部分の張り替え等に10,000円、イタチを追い出す燻煙剤などの薬剤とその処理に10,000円、イタチを追い出した後の再侵入を防ぐ為の工事に20,000から30,000円で、合計ではやはり最低7〜8万円位はかかると思った方が良いてしょう。勿論汚染箇所がいくつもあったり、再侵入をを防ぐ機器を設置した場合等は更に高額になります。業者によっては更に駆除した後で色々請求してきますから、必ず「追加料金無し」「イタチ駆除完全保証」の業者を選びましょう。